Classic Hotel

紅葉も終盤の箱根へ。

 

箱根というと「旅行」のようですが、近くで仕事があったので「折角だから、、、」という思いで箱根まで足を延ばし「富士屋ホテル」で泊まることにしました。

f:id:hynm_yamazawa:20171130230229j:plain

1878年明治11年)に創業した、日本初の本格的リゾートホテル。
私が泊まったのは「本館」です。上記写真の本館は明治24年に建てられ、ここ富士屋ホテルで現存する最古の建物だそうです。

ご覧のように、社寺建築を想わせる唐破風調の瓦葺屋根に西洋の白い壁面という「和洋折衷」の建築様式は明治建築に見られる特徴です。

f:id:hynm_yamazawa:20171130230322j:plain

中に入ると、雰囲気に心奪われます。クラシックホテルならではの佇まいですね。
壁面には至るところに彫刻や絵画があり、国や時代、作者など様々です。
未だ調査中のものもあるとか、、、

f:id:hynm_yamazawa:20171130231526j:plain

ふと、壁を見ると「昭和の美髯」と書かれた額が目に入った。
美しく立派な頬ひげを美髯(びぜん)と言いますが、この写真の「美髯公」たちの時代は昭和です。
これは完全に私の勉強不足、、、昭和の美髯カルチャー。
現在でも「ヒゲClub」はあるのかしら??

 

部屋に向かう途中「Chaplin’s Room」と名が付いたドアを発見しました。
彼もここに泊まっていたんですね。

 

1日の締めは館内のBar「Victoria」で。
たまの贅沢は「命の洗濯」です。

f:id:hynm_yamazawa:20171130230908j:plain

朝起きると、紅葉の絨毯が敷き詰められていました。
紅葉は散り際が一番美しいのかもしれない、、、儚さに美しさを感じるのは、古くから日本人が持つ「美学」です。

そろそろ冬の到来かな。

 

 

2018年4月より2年間、耐震工事に入るそうです。
2020年春頃のリニューアルオープンまで、しばらく泊まれなくなるので、ご予約の方はお急ぎになられた方が良いかと思います。

 

命を頂く。

渓流を渡り、険しい急勾配にスパイクを食い込ませながら山に分け入る。

 

しばらくすると、辺り一面の土が引っくり返されている場所に出た。さらに、周囲の木々の幹は剥がされている、、、この状況は尋常ではない。

そう感じながら進むこと数分、発見したのは「沼田場(ぬたば)」です。

f:id:hynm_yamazawa:20171107225156j:plain

この凹地を沼田場といい、鹿や猪が体に付いたダニなどの寄生虫を落とす場所で、人間でいうところの「バスルーム」でしょうか。

そう。この場所には「山のマダニが集結しているかもしれない、、、」そう思うと、気分が悪くなることこの上ない場所でもあります。

 

 

農林水産相の調査によると野生鳥獣による農作物被害は、年間200億に上ると言われています。
被害量は50万tを越す勢いだ。この事により、廃業に追い込まれる農家さんも多く、社会問題化している。

先進国の中でも日本の食糧自給率はダントツで低いのです。

 

また、鹿は「木の幹」を剥ぎます。幹を剥がされた木は、やがて腐って倒木となります。
こういった森林被害も全国で上がっており、これが原因の災害も起きています。

 

被害額の中でも、鹿、猪はダントツで、繁殖力も強いことから劇的に増え続けているんですね。

以前は、ハンターによって個体数は適正に維持されてきたのかもしれません。しかし現在では、ハンターの高齢化と減少に反比例するように野生鳥獣は増えている。

 

 

先日、久しぶりにHOUYHNHNM 長嶋さんにお会いしました。

その中で「魚はスーパーで売られている刺身の状態のまま、海で泳いでいる」と思っていた、あるお子さんの話しが出ました。

私も昔はそうでした。だって、スーパーで「パック」の状態でしか肉や魚を目にする事はないですし。だから、その先を考えなくてもよかったんです。そこを見なくてもいい時代になったんですね。

 

やがて、動物と対峙するようになり、それは変わりました。
「命を頂いている」感覚は常にあります。

それは、肉魚に限らず、野菜なんかも同じですね。我々が食べているほとんどのものは「生きている」ものです。

命を頂いている事の「責任感のようなもの」を感じ、それに対する敬意の1つとして「食べ残し」はしません。そんなところから始めています。

ここのところ、

やたらと忙しい、、、ブログがおざなりになってしまった、、、

この3連休も仕事です。

 

11/3は「ファイヤーサイド 30周年イベントです!」と写風人さんからお誘いをいただき、行く気満々の私でしたが「どうしても調整の利かない急な仕事」の為、泣く泣く諦めたのでした。かくして、3連休は仕事となるのでした、、、

「中央道の上りは渋滞になるので、泊まっても良いかも」
駒ヶ根は紅葉が綺麗なんだろうな〜」なんて思っていたんですがね〜残念です。

とはいえ「お仕事」をいただけていること自体は、ありがたいお話しです。感謝しておりますよ!

 

 

さて、日本全国の都道府県では北海道を手始めに、本州各地でも11月に入って順次「狩猟」の解禁です。

ここ静岡では11/1に解禁となりました。

f:id:hynm_yamazawa:20171103230038j:plain

こうして山に潜むと心が洗われますね。なんて思うのはキャンプの場合だけ。

マダニ対策をして、いばらの「道なき斜面」を登り、私の大嫌いな蜘蛛を払いのけ、GPSで現在地の確認と。泥だらけですよ。これもまた「Field Life」です。

 

紅葉の時期ですから、山に行かれると思います。あるいは山菜採りなどで。

そんな時、銃声を耳にすることがあります。その場合は付近に鹿や猪がいるかもしれません。

 

観光地の鹿は人慣れしていますが、野生の鹿は十分に危険です。秋は発情期の終わりですが、銃声のするエリアでは猟犬に追われて興奮している場合もあります。特にツノを持つ雄鹿には近付かないようにしてください。一般的に、鹿は人を見れば逃げると思いますが、実際に興奮した鹿のツノに刺されて死亡する事故も起きているようです。

猪は体当たりを食らう場合があります。これは危険です!
また、雄には牙があり、これは刃物のように鋭く大変危険です。体当たりを食らって内股の動脈を切られたら最後です。近づかないでくださいね。

 

 

少々重たい話しになっちゃいましたが、最後は驚いたことを。

先日テレビを見ていたら「ミルクココア」のCMをやっていました。
登場する「嵐の櫻井 翔さん」の衣装を見てビックリ!

な、なんと当社の「Puno Hand Knit」を着ているではないですか!

f:id:hynm_yamazawa:20171103231104j:plain

このニットです。

どういう経緯でこうなったのか知り得ませんが、嬉しい限りです。
シップスさんのプレスルームですかね??

写真が使えないのが残念ですが、なんとも驚きの出来事でした!

 
この3連休、皆さんはいかがお過ごしですか?

ヤバイ服。というテーマで。

「SHOPPING ADDICT 2017 Oct. 〜編集部員のお気に入り〜」にて。

長嶋さん書いてくれてありがとうございます!

f:id:hynm_yamazawa:20171019213110p:plain

しかし、文才ありますね。「ヤバイ」という言葉をチョイスして、このように洗練された文章にするあたりセンスを感じずにはいられません。

何度も言わせてもらいます。早く小説を書いてください!

 

長嶋さんには、この場を借りてお礼を言わせていただきます。

 

 

さて、寒くなってきましたね。連日の雨と寒さが身に応えるこの頃ですが、この「Wax Trailblazer Jacket」は、そんな天候に最適なジャケットですよ!

こんな「Heavy Jacket」を街着として使うのはカッコイイものです。

 

 

最後に「Heavy」つながりで思い出したことを。

只今、狩猟シーズンへと突入する頃合いですが、今週末に恒例のフィールド草刈りが行われます。

1日かけて山に分け入り作業を行うのですが、登山道のように整備された場所ではないので苦労も伴います。

「蛇に噛まれるのも嫌だから、スネークブーツにしようかな」

「マダニ対策はディート30%で万全と。あと、クマ用に斧をぶら下げて、、、」

なんて考えていても、この天気で本当に決行されるのだろうか??

 

そんな「ヘビーな作業」にもT & S「Heavy Jacket」は一役買ってくれますよ。

渋谷銃砲火薬店さんにて。

現在オーダー受付中の「HUNT × TAKE & SONS / Shooting Vest」ですが、オーダー締切日の10/22まで、渋谷銃砲火薬店さんにてサンプルを展示させていただいております。

「Shooting Vest」なだけに、銃砲店にて。

f:id:hynm_yamazawa:20171011223544j:plain

置いてあるサンプルはサイズ3のカーキになりますが、ディテールのご確認やご試着いただくことでサイズ感がお分かりになると思います。参考にしていただければと思います。

ご検討中のお客様や、ご興味のあるお客様は、この機会に是非ご来店くださいませ。

 

渋谷銃砲火薬店
東京都渋谷区神南1-20-15 和田ビル1F
tel:03-3461-5576
営業時間:11:00〜20:00
定休日:日曜祝祭日

 

また、普段「銃砲店」にご用の無いお客様もこの機会にご来店いただけたら幸いです。

 

*北海道は解禁されていますが、本州の猟期を迎える頃合いにつき、店内にハンターの方々が鎮座している場合が多いです。
渋谷の他のお店と一線を画すその景色に一瞬躊躇してしまうかもしれませんが、ご安心ください!お気兼ねなくご来店いただければと思います。

薪焚きライフを支える道具

f:id:hynm_yamazawa:20171002171023j:plain

KOMAGANE BASEの主人。「写風人」さんはフィールドライフの達人です。

f:id:hynm_yamazawa:20171002171143j:plain

これは以前「KOMAGANE BASE」に遊びに行った時の写真ですが、今はさらに進化しているかもしれません。

 

部屋の中心に鎮座するのは「VERMONT CASTINGS」の薪ストーブ。

そして壁には使い込まれたギアがずらり。

「こんなフィールドライフを送りたい!」と衝撃をもらった場所です。

 

今や、様々な方面からの出演依頼で撮影、執筆に大忙しの写風人さん。

 

私が以前、携わらせていただいたブランドに「THE RUGGED MUSEUM」があります。その会社で出版していた雑誌に「FREE & EASY」がありました。そこにも数回登板していただいていましたね。

 

そんな写風人さんに「Flyman Shirt」をご紹介していただきました!

f:id:hynm_yamazawa:20171002000431j:plain

「薪焚きライフを支える道具」というタイトルです。

写風人さんの「焚き火」シーンでご着用いただけているなんて感激です。この場を借りてお礼を言わせていただきます。

 

私は「Feild Life」に恋い焦がれているところです。

 

 

*この記事は写風人さんの許可を得て掲載していますので、写真の無断転載はご遠慮下さい。

オーダー開始です!

随分と涼しくなってきましたね。

 

フィールド撮影をした翌日から雨が降り出して、気温が一気に下がってきました。なのでこの日、我々は汗だくで撮影していました。

f:id:hynm_yamazawa:20170929215452j:plain

9月30日発売の雑誌「HUNT vol.17」の巻末連載の一幕。

 

「なんで射撃??」とお思いでしょう。

 

企画が持ち上がってからのこの9ヶ月、我々は「Shooting Vest」を作っていたのです。この写真はフィールドテストの最終の模様になります。詳しくは「HUNT vol.17」をご覧くださいませ。

f:id:hynm_yamazawa:20170929220120p:plain

そしてこの度、完成しました!
それを祝して誌面にて期間限定オーダーの告知をさせていただきます。

 

期間限定 HUNT × T & S「Shooting Vest」オーダーページ

 

このベストに使用しているオリジナルのフィールドクロスは、高密度コットン100%素材です。

そのカジュアルさ故にファッションとしての街着はもちろん、射撃用としての強度と綿素材の火の粉に対する特異性から、キャンプなどのアウトドアライフでも活躍してくれることでしょう。

 

是非ご覧ください!