男たるもの。

普段はHavy Jacketを愛用していても、男たるものLapel Jacketで決めなければならない時もあります。

そんな時「隣の女性をエスコート」するような「お洒落な梳毛ジャケット」を私は照れくさくて着れないのであります。

f:id:hynm_yamazawa:20180810134056j:plain

f:id:hynm_yamazawa:20180810134100j:plain

着込むほどに身体に合ってくるような、味わい深い生地には重みがなければならない。

そして、仕立ても拘ったものでなければなりません。毛芯によって仕立てられたジャケットには独特の雰囲気があり、その佇まいには迫力が宿ります。

今どき、T&S以外でこんな重厚なコーデュロイを使い、テーラーのように総毛芯仕立てにしているブランドはあるのだろうか、、、

Lapel Jacketとは、大人の嗜みであると同時に礼節だと考えます。

 

この『No.1 Jacket』は、只今Northern Islandさんで販売中です!

 

f:id:hynm_yamazawa:20180810134053j:plain

小林 泰彦さんは1977年に著書の中でこう仰っています。

ヘビーデューティーを服装の体系としてみたとき、驚くほどアイビー=トラディショナル体系に似ている。
つまりヘビーデューティーのトラディショナルな部分はアイビー=トラディショナル体系のアウトドア部門、あるいはカントリー部門と言える」と。

また、アイビー=トラディショナルの方にもヘビーデューティーのハートがあって、ヘビーデューティーの中のトラッドな部分を指してヘビーデューティー・トラッド『ヘビトラ』、あるいはヘビーデューティー・アイビー『ヘビアイ』と名付けておられます。(私はそう解釈しています)

 

 

そのように捉えると、米国にて1918年に発表されたアメリカントラッドの原風景と言われる「1型」をベースに、私なりの想いで製作したこのジャケットに対し、あえて氏の言葉を借りて言わせていただこう。

「No.1 Jacket」をご愛用くださるお客様は、きっと「ヘビーデューティーを愛する『ヘビトラ』な人」に違いない。

 

「No.1 Jacket」は、全ラインナップの中で「最もエレガント」であり、同時に「最もお洒落」なジャケットです。

 

Field Boots

f:id:hynm_yamazawa:20180808150411j:plain

ついに初回ロットの出荷です!

まずは、CASKETさんから。

f:id:hynm_yamazawa:20180808150724j:plain

ハンドメイド故に、やれる事は数限りなくあります。それらを一言で語ることはできません。

例えば、このモカシンは幾度となく試行錯誤した末に辿り着いた境地です。

そもそもこのモカシン形状は「手縫い」でなければ作れません。それと「モカシンのつまみ量」と「糸のバランス」は重要です。国産の5本撚り麻糸から1本抜き取り、残る4本を適切に撚り直しワックスを浸透させてオリジナルの糸を作りました。

 

このように「糸を手作業で作る」ところから追求するのがハンドメイドの利点の1つかと思います。同様に耐久性、履き心地においてもマシンメイドとは比較になりません。いや、比較してはいけないのだと思います。別次元といったところでしょうか。

詳しくは『Field Boots Making』に込めてありますので、是非ご覧くださいませ。

f:id:hynm_yamazawa:20180808151005j:plain

工場生産が悪い訳ではない。それは進化と言うべき画期的な製造方法だと思います。しかし、人類が考案した量産型の製造方法の多くは「ハンドメイド」を原点に置いているのもまた事実。「ハンドのような履き心地」や「ハンドのような耐久性」を目指して。

 

ハンドメイドに及ばないのであれば、いっその事「本物」を履きたくなるものです。
まして、Fieldで使用するならなおのこと。身を任せるに相応しいものでありたい。

よほどの大惨事が起きない限り、このブーツは修理を繰り返しながら履き続けることができる。こうしてエージングとともに「味わい深さ」が出てくるのだ。

 

消費の時代だからこそ「本物」を見極めたい。と、私は思うのであります。

 

「Field Boots」はT.Shirakashi Bootsmaker主催 白樫氏監修の元、日本のハンドメイドに拘って製作されています。

 

J.S.Homestead 別注モデル。

f:id:hynm_yamazawa:20180803222832j:plain

JOURNAL STANDARD表参道店の地下に続く階段を下りると「J.S.Homestead」さんはあります。床材のアンティークタイルが醸し出す瀟洒な佇まいに心奪われる空間。

 

 

まだまだ暑いですが、モールスキンを使用したJ.S.Homesteadさん別注の「Field Work Shirt」をご紹介させていただきます。

f:id:hynm_yamazawa:20180803222703j:plain

【col.】Red、Khaki、Navy、Blackの全4色展開。
【price】¥28,000+tax

 

 

「もっと奥深い表情を作りたい」

 

試行錯誤の末、糸に陰影を作るために「壁撚り糸」を作ることにしました。「壁撚り」とは、強い撚りをかけた太い糸に、無撚りの細い糸を巻きつけたもので、太い糸の撚りが戻る(伸びる)際に、細い糸が巻き込まれて絡みつくのです。これを壁撚り糸といいます。

糸自体が立体的な構造になっているんです。

これを使って生地を織ることでシボ(凹凸)が表面に生まれ独特のヴィンテージ感を醸し出します。また、仕上げにおいても現代的な加工は行なっておらず、綿本来の風合いを最大限表現した素材に仕上げております。

 

この商品に限らず、TAKE & SONSの多くの商品は、ワンウォッシュされているだけです。過度な後加工(ヴィンテージ加工のような)はされておりません。

これは当社が「着込むほどに身体に馴染み『味』が出る」というHeavy Dutyウェアが持つ本来の魅力(エージングによる味わい)をお楽しみいただけるように。と考えているからです。

お客様のご着用によってエージングされた時、この商品は真の姿を見せます。
世界に1つのヴィンテージが完成するのです。

 

 

未だ猛暑ではありますが、いずれ「時」はやってきます。
ならば、今から目を付けておこうではありませんか!

 

お暑い中ではございますが、是非とも店頭でご覧くださいませ。

お取り扱いに関しては、最寄りのJ.S.Homestead店舗へお問い合わせください。

Shooting Vest 再び。

渾身の一撃とは、このベストかもしれない。

f:id:hynm_yamazawa:20180204232520p:plain

約9ヶ月に渡って、構想〜完成までを雑誌HUNTさんで連載してきた「射撃用ベスト」です。

射場で必要とされるスペックは元より、ファッションとして街で着ることも想定したこのベストを、2018AWシーズンも継続してSHIPSさんでお取り扱いいただきます。現在店頭にて販売中!

 

さらに、SHIPSさんではShooting Shirtもお取り扱いいただいていることから、こんなスタイリングが可能となります。

f:id:hynm_yamazawa:20180801230818p:plain

Shooting Shirt ¥26,000+tax
Shooting Vest ¥26,000+tax 

 

是非、店頭でご覧くださいませ。

蝉時雨

朝の5時半に犬の散歩に出かける。

 

この時期、太陽の照り返しを考慮すると、このくらいの時間に行かなければならないのが若干辛くもある。
1時間散歩して6時半まで。6時頃から私は汗だくになっていることを思うと、この時間に出るのは自分のためでもある。と思うことにしている。

 

公園には既に「蝉時雨」が降り注いでいた。

近隣のお宅はうるさくないのだろうか?
きっと、そんなことないのでしょう。

蝉の鳴き声も強烈な音ですが、我々人類が作り出している「騒音」とは音の質が違います。蝉時雨に「夏」を感じつつ、ふと目をやると、

f:id:hynm_yamazawa:20180726213745j:plain

木の根元に無数の穴が、、、

f:id:hynm_yamazawa:20180726213813j:plain

穴の正体は蝉でした。
今まさに羽化して成虫になる瞬間です。

 

蝉時雨とは、蝉が一斉に鳴いている音を「時雨」に例えた言葉なのだそう。
お洒落なセンスを持っていますね。日本人は。

 

犬の散歩に。

いよいよ東京も梅雨があけましたね。なんでも観測史上、最速なんだとか。

 

梅雨があけると、犬の散歩は早朝に行かざるをえません。アスファルトの照り返しで犬がやられちゃうので。

 

散歩にはエチケットとして多少のGearが必要です。「ギア」という表現は少々オーバーではありますが「歯車がかみ合っている」という意味で「装備品」などを指すことから私はそう呼んでいます。

愛犬家の皆様が持ち歩いているポーチにそれらが収納されているんですが、これが手持ちだと都合が悪いんですね。そこで私はこれを使っています。

f:id:hynm_yamazawa:20180630153953p:plain

TAKE & SONS『Tackle Bag』です。

本来は渓流で使用するものです。不本意ながら犬の散歩に使ってみて、実に便利だということに気付きました。

f:id:hynm_yamazawa:20180630154227j:plain

まず、身体の前面にフィットするバッグは使い勝手が良いです!
そして、このバッグには外部収納としてロッドテープやDカン等、クイックアクセスに対応する仕掛けがあります。ここにカラビナを介して使用済みのエチケット袋などを外側に吊り下げることができます。

f:id:hynm_yamazawa:20180630154549j:plain

走っても安定してますね。
この時、ショルダーテープを引いてバッグポジションをやや背中側にするのがオススメです。

遊びにしては、やりすぎたかも。

展示会に向けて作業に没頭する日々には「相応の遊び」が必要だ。ということで、以前からカッコ良くしたいと思っていたDefenderのロードエリア改装に着手しようかと。


走行時の「音」も気になるところ。
ついでにビス跡などの細かな穴埋め。タイヤが巻き上げる土砂が入り込まないようにしっかり補修したい。

その手間を考えるとこれまで億劫でしたが、ここに着手するのはいい機会かもしれない。

f:id:hynm_yamazawa:20180629215437p:plain

まず、ロードエリアから椅子やパネル、マットといった全ての内装を取り出し、錆落としと補修を行ってから、必要に応じて塗装します。

f:id:hynm_yamazawa:20180629215721j:plain

諸々を取り外すとやっぱり出現しました。余計な穴が、、、ここから「外」が丸見えです。確実に補修対象ですね。

f:id:hynm_yamazawa:20180629220110j:plain

料理で言うところの「下準備」が終わったら『Dynamat』を貼ります。

これは防音シートですが、断熱性も上がるのでは!?と密かな期待をしています。この車、夏の暑さと冬の寒さは尋常じゃないんです。

f:id:hynm_yamazawa:20180629220204j:plain

f:id:hynm_yamazawa:20180629220249j:plain

パネルはチェッカープレートにし、ブラック塗装を施しました。
完全固定できる部分はリベットで固定します。

f:id:hynm_yamazawa:20180629220750j:plain

インナーロールケージには、銃に使用する「CAMO FORM」を巻いてみました。

f:id:hynm_yamazawa:20180629220944j:plain

床をデッキにして完成!

あくまでも休憩時間にやっていることですが、ここまでで10日ほどです。汗だくになりながら。

 

展示会まで2ヶ月ほど。今は追い込み作業中。
忙しい時ほど「遊び」にも集中しちゃうんですね。不思議なものです。