2017秋冬商品が店頭に!

関東も梅雨明けしましたね。いや〜ホント汗だくです、、、

先日、長岡の工場さんに行ってきましたが体感温度を比較すると、やはり東京の暑さは異常に思えます。

「汗」も、若い人は爽やかに見えるものですが、私を含め一定の年齢からは厳しいものですよね。相手に不快感を与えてはいけないので、一応着替えを持って外出している私がいます。

 

 

そんな茹だるような暑さの中、T & S 2017秋冬商品が都内でも店頭展開がスタートしました!

ということで早速、SHIPSさんの許可を得て渋谷店と銀座店に撮影に行ってきました。

f:id:hynm_yamazawa:20170720232742j:plain

このブランドサインは私の「お手製」で「薪」をベースに鉄塗料を施した文字で製作したものです。毎シーズンご使用していただき、本当にありがとうございます!

f:id:hynm_yamazawa:20170720232752j:plain

両店共にディスプレースペースにもご使用いただいております。このシャツ×シャツのディスプレーはさり気なくも奇抜であり、重ねることで素材を対比し、このシャツが持つハードな側面である「素材の立体感」を照明を利用することで上手く表現した、実に考えられたものだと思います。

 

やはり、この場で見ると感極まりますね。
スタッフさんの格好良さと、照明や什器などが醸し出す「SHIPS観」に魅せられてしまいました。

 

 

 既にお買い上げくださいましたお客様、本当にありがとうございます!
また、ご興味を持っていただけたお客様、是非ともSHIPS渋谷店とSHIPS銀座店で実物をご覧くださいませ。

お待ち申し上げております。

Field Boots / fitting

Bootmakerの白樫さんこと「てっちゃん」のおかげでここまできました。
本日はフィッティングです。

f:id:hynm_yamazawa:20170714215814j:plain

靴のフィッティングをしたのは始めての経験でした。「仮縫い」といっても、きちんと本縫いで仕上げているので、ほぼ完成形が分かります。
もちろん本物の材料は高額なので、代用の材料を使用していますが。

 

ちょうど「お昼」を食べる前にブーツを履き、食べている間も足に馴染ませておきます。
そして、頃合いを見計らって「職人の手」が加減を見極めていきます。

f:id:hynm_yamazawa:20170714215819j:plain

シルバーペンで修正ポイントを書き込んで、目指すは「妥協なき精度」です。

 

始めてこのブーツを履いて感じたことがあります。それは今まで「靴のフィット」を知らなかった、、、ということです。
本当に自然に足にフィットしてくる感じは、今まで体感したことのない感触でした。

 

このブーツの名前は「Field Boots」です。
フィールド活動で足を疲れさせないために、設計にも特徴があります。その機構によって大地に対してのアプローチ幅は広がることでしょう。

 

この辺の説明は、完成した時に改めて。そしてフィールドテストを経て、より詳しく説明させていただきます。

 

我々は、Outdoorsmanのためのブーツを作っています。

いざ、浜松へ。vol.4

綿織物は織り上がった状態のままでは、いわゆる「生地」とは呼べない風合いです。

バリバリなのです。

f:id:hynm_yamazawa:20170617205452j:plain

これは「糊」を使用する関係で、致し方ないことなのですが、これを普段、我々が目にする「生地」の状態にする必要があります。

それを行う場所を「整理工場」といいます。最後の工程であり「加工」故に「企業秘密」が内在する極めて重要な部分になります。

f:id:hynm_yamazawa:20170617205157j:plain

今回、お願いしたのが「鈴木晒整理」さん。綿生地の仕上げはプロフェッショナルだ。

それ故、企業秘密も多く今回加えた手法も、ここでは多く語れないのが残念なところです。

f:id:hynm_yamazawa:20170617205245j:plain

着色方法、生地の風合い加工など、多くの特殊な手間を快諾していただき、本当にありがとうございました。この場を借りて、お礼を言わせていただきます。

f:id:hynm_yamazawa:20170617205329j:plain

こうして「Field Cloth」は完成しました。

「これぞ、Japan Quality」と言える生地です。

 

一見がフラットな生地ですので、写真では分かりづらいのですが、素晴らしい質感と佇まいに胸が躍ります。

 

T & Sの定番ファブリックに、新たに「Field Cloth」が加わりました。

「いざ、浜松へ。」はこれで完了。

いよいよサンプル製作です!

Trapper Jacket

ホント、暑いですね〜
そんな中、店頭では間もなくTAKE & SONS 2017秋冬商品が展開されます!

 

現在確認できている一部店舗様の予定です。

  • SHIPSさんは、銀座店・渋谷店にて7月16日から。
  • PURVEYRSさんは、7月28、29、30に東京原宿で開催されるアウトドアイベント「PURVEYRS Show」で。
  • CASKETさんは、Web Shopにて販売中!

*Heavy Jacketシリーズは9月頃の展開となります。 

 

 

これより、表題の件を。

Huntingは、その手法の違いから幾つかの分類に分かれます。

 

Trapperとは「わなを仕掛ける人」のこと。
銃を用いない彼らの狩猟スタイルは、山を熟知するところから始まる。動物の痕跡からその習性を読み解き、わなを仕掛ける。鋭い洞察力の持ち主だ。

 

TAKE & SONSでは、そんな「森の住人・Trapper」たちが愛用したヘビージャケットのイメージを残しつつ、HeavyDutyな要素はそのままに現代的にアレンジをしています。

f:id:hynm_yamazawa:20170715142512j:plain

「Harris Tweed」×「Paraffin」素材使いは、天候の不安定な寒山に住むTrapperたちの活動をイメージし、必要な機能を抽出し搭載した結果です。

フィールドに相応しい保温性と撥水性といった機能を、あえてローテク素材を用いて表現しています。

f:id:hynm_yamazawa:20170714222110j:plain

Harris Tweedは短繊維を使用して織られた、ざっくりとした紡毛織物です。

所々表面に見える白い毛が特徴で、これをケンプと呼びます。ケンプは羊毛の死毛で、太く、短くて硬い特徴があります。これが味わいを出すのに一役買っているのです。

 

こんな暑い時期になんですが、是非店頭でご試着くださいませ!

 

 

お取り扱い店

SHIPS

PURVEYRS

NORTHERN ISLAND

BLUE DUN

CASKET

¥ 83,000+tax

詳しくは『Trapper Jacket』をご覧ください。

 

 

ふと、懐かしさに。

「パリのColetteが閉店するの!?」

 

連絡が来た時は聞き間違いかと思いました、、、今年の12月20日をもって閉店するんだそうです。

 

20年前のことです。
当時、パリで女性服をやっていた私は「Dior」を始め幾つかのメゾンで「丁稚(でっち)」をしていましたが、当然のごとくお金はありませんでした。

 

そこで、休日に行うアルバイトが私の主力収入源であり、その中には旅行者のアテンドや、JALの機内誌のお仕事もありました。90年代、JALでパリに行かれた方はきっとお目にされているのではないでしょうか。

JAL機内誌のParis mapです。
私の住む「マレ地区」を中心に「オペラ座界隈」までを担当していた記憶があります。

小学生の写生遠足のように画板を首から下げて新しいお店や、そのレビューなんかを書き留めながら地図を作成するお仕事です。

 

f:id:hynm_yamazawa:20170714010507j:plain

そんな中、コレットは1997年パリに誕生したのです。

 

当時のパリのセレクトショップは、私の記憶が確かなら、こじんまりとしたお店が主流だったように記憶しています。

私にとってコレットの出現は衝撃的で、とても輝いて見えました。

 

今の私は、こういったスノッブな世界観は苦手ですが、当時は「ど真ん中」です。
したがってフランスの通過がユーロになってからのコレットは知りませんが、当時はこのお店に感動した思い出があります。

その頃、コレットの地下には「Water Bar」がありましたね。
「えっ、水」にこの金額払うの!?というのが最初のインパクトです。

 

その頃、CHANELKarl Lagerfeld氏も頻繁にコレットを訪れていたことから、CHANELに入りたかった私は、自分のBookを持って「待ち伏せ場」としても使っていました。

残念ながら、私の夢が叶うことはありませんでしたが、今でも最高のブランドだと思っています。

その後何年かしてCHANELで働く友人女性が結婚しました。その時は会社からオートクチュールのウェディングドレスをプレゼントされたそうです。これがCHANELの伝統。なんとも素敵なお話しですね。

 

 

少し話しが逸れましたが、このニュースが届いて少しばかり思い出が甦り「センチな気分」になってしまいました、、、パリを撤退する時に誓った「いつの日か、コレットに自分の商品を置いてもらいたい」という思いも、これで永遠に叶うことがなくなったのです。

Best Buddy !

毎日、本当に暑いですね、、、自分の体臭が気になるこの頃です。

 

 

さて、本日はまたしても「Professional」のご紹介です。

これまでも様々な「Professional」をご紹介させていただきましたが、その全てが完売となりました。

特に、前回ご紹介させていただいた最新型の新車「G350d Professional」は本国ドイツより2台輸入しましたが、即完売となりました。(Professionalは日本ディーラーでお取り扱いがございません)

本当にありがとうございます。

 

これが「G300CDI Professional edition PUR PKG」です。

f:id:hynm_yamazawa:20170713195013j:plain

ベンツ特有のこのカラー「Tenorite Grey」は本当にカッコイイ!

しかも「Edition PUR PKG」(フル装備)です。

私に甲斐性があれば、間違いなく購入したいところです。

 

ご興味のあるお方は是非、以下をクリックの上ご覧くださいませ。

 

Best Buddy !

Flyman Shirt

Flymanとは、フライで魚を釣る人のこと。

他にも、天井で作業をする「大道具方」や「ハエ男」といった意味合いもあるようなのでご注意を。

 

ここで言う「Flyman」の真の定義は「ライフスタイルの中心に渓流釣りがある人」を指します。

f:id:hynm_yamazawa:20170709145346j:plain

これは「モールスキン」と呼ばれるコットンの起毛素材を旧式織機で製作したものです。

このモールスキンの特徴は糸にあります。起毛しているとはいえ表面組織がフラットなものは、私はあまり好きではありません。

そこで糸の陰影を作るために「壁撚り糸」を使用しました。

 

「壁撚り」とは、強い撚りをかけた太い糸に、無撚りの細い糸を巻きつけていきます。そうすると太い糸の撚りが戻る(伸びる)際に、巻きついた細い糸に撚り(縮む)がかかります。その時に細い糸に太い糸が絡みつくのです。

その糸を使って生地を織ることでシボ(凹凸)が表面に生まれ、独特のヴィンテージ感を醸し出します。また、仕上げにおいても現代的な加工は行なっておらず、綿本来の風合いを最大限表現した素材となっております。

f:id:hynm_yamazawa:20170709150028j:plain

もはやシャツの域を超えた生地厚で、ブルゾンの佇まいです。

「羽織り」として、街着はもちろんのこと、キャンプ・渓流などでお使いいただけますよ。

 

 

お取り扱い店

SHIPS

PURVEYRS

NORTHERN ISLAND

CASKET

Hide & Seek(香港)

¥ 24,000+tax

詳しくは『Flyman Shirt』をご覧ください。