秋冬のお知らせ。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか? 湿度が上がってきましたね、、、世の「おじさま」は私も含め、苦手なシーズンなのではないでしょうか。 私は、ここのところ「2018SS 展示会」に向けて、バタバタしております。そして、まもなく始まる「2017秋冬 商品…

いざ、浜松へ。vol.3

前回は「綜絖通し(そうこうとおし)」で締めましたが、その前に書くべきことがありました。 それは、織機について。肝心なところを忘れておりました、、、 織機は、主に「旧式織機」と「革新織機」に分けられます。 T & Sでは、シャトル織機を中心に「旧式…

じゃこ山椒

「裏山で山椒収穫するけど、いる?」 もちろん「いります!」 それは6月の前半のこと。山椒の実はできるだけ青いうちに収穫したい。 奈良時代や平安時代といった古代日本語には「緑」の概念がなかったそうです。 緑が生まれたのは鎌倉時代とも言われ、それが…

Field Boots / mock up !

前回の打ち合わせから3週間。ついに対面です! なお、モックアップにつき、画像はスケッチとさせていただきました。ご了承くださいませ。 それは「ハッ」と息を飲む瞬間でした。 力強さを備えたラギットな素材に、Japan madeの繊細な仕立てを施したそれには…

NEW Professional

Car

今回もHeavyDutyな新車がドイツより入庫しました。 と言うと、わたくしのこと「車屋さん」とお思いになられると思いますが、それは違います!私はTAKE & SONSという洋服のブランドをやっております。 これは、私が日頃「HeavyDuty」と言っているのがきっかけ…

いざ、浜松へ。vol.2

手始めに「綿」の選定を行う必要があります。 我々は、世界の綿産地の中でもアメリカを選択しました。アメリカは東海岸のコットンです。このエリアの綿は品質の安定とコストのバランスが良い気がする、、、と言うより、私はアメリカ産が好きだ。相性が良い。…

車のBlogを、

Car

唐突ではありますが、車屋さんのBlogを不定期に書くことになりました。 皆さま、車はお好きでしょうか?? 昨今、車離れというのが聞かれるご時世ではありますが、、、特に都市部においては「全く必要無い」というお方も多いのではないでしょうか。 私のブラ…

「シューティングベストを作る」

この企画もいよいよ中盤に入りました。 先日発売された雑誌「HUNT vol.16」での模様。 「シューティング用とはいえ、これは欲張りなものになりそうです!」 詳しくは本誌をご覧くださいませ。 また、当ブログにおいても数回にわたって詳細をアップさせていた…

いざ、浜松へ。vol.1

雑誌「HUNT」の連載企画「シューティングベストを作る」が進行している今日この頃。 デザイン構想も終え、いよいよ生地の段階に入ったところであります。明日、5/31発売のHUNT vol.16では、その模様となるのですが、日々ライフワークのように生地を見ている…

「Field Boots」を!

この方、おそらくは日本で唯一。世界でも稀な存在かと思う。 『T Shirakashi』の主宰。 ブーツ専門のビスポーク職人の白樫さんと会ったのは、TAKE & SONS 2017AW展示会でのこと。 以来、何度かお会いするうちに自然と「T & Sでブーツを作ろう!」となった次…

校正が上がってきた。

今月末発売の雑誌「HUNT vol.16」の校正が上がってきました。 私の登板は、連載企画中の「シューティングベストを作る」です。 発売前につき、ピンボケをお許しくださいませ。 今回は「もの作り編」ということで、まずは我らが作ろうとしているベストに相応…

’70s

先日、ある先輩とお酒を飲んでいた際に、ふと懐かしの70年代の話しになった。 当時、私はこの世に誕生していたものの、子供だったおかげで「リアル’70s」を知らない、、、 時代を「知る」というのは、その時に大人になっている必要がある。少なくてもバイト…

ねこまんま

「ねこまんま」とは、鰹節をふりかけたご飯のことである。 古くは、戦国時代に関東の北条氏も好んで食べたとか。 他にもバターライスなど、時折こういった類の「プラスαご飯」が食べたくなるものです。 「かつお舎」さん。 出会いは、TAKE & SONSをお取り扱…

洋服のKeyword

仕事の打ち合わせ。 待ち合わせ場所で待っていると、彼が階段を降りてきました。 「おっ!」と思った瞬間に、逆行ですがシャッターを切りました。 先日の投稿「Bayhead Cloth Guide Vest」を着てくれているではないですか! 「これは、ひとまず撮っておこう…

銃つながりで、

渋谷にお店を構えて50年余り。 渋谷銃砲火薬店 入れ替わりの激しいこのエリアでは「老舗」と言われる一軒です。 ここは銃砲店であると同時に、猟友会渋谷支部でもあることから、コーヒーとタバコで一服をしている間に、いろんな人が入ってきて会話になるのが…

Bayhead Cloth Guide Vest

これは「洋服」というとり「ギア」といった佇まいです。 今日はPack Vestのご紹介です。 ベースキャンプから散策に出る際は、必要にして十分な荷物量が必要になるものだ。 散策範囲がある程度狭い場合は、大きなアイテムを少しと、小さなアイテムを複数持つ…

ふき味噌

山帰りの友人からのいただき物。 「ふきのとう」本来であれば天ぷらが美味しいに違いない、、、しかし、作るのが手間といえば手間である。 そうだ、ふき味噌を作ろう! ①よく水洗いをしてから、3〜4分茹でる。水分はキッチンペーパーなどで取り除きます。(…

桜の木の下で

「Fieldでジャケット⁉︎」 フィールドではブルゾンを着ていることが多い気がする。 はたして、ラペルジャケットを着ている人はいるのだろうか? 残念ながら、私はお見かけしたことがない。 私はフィールドでこそ、このジャケットを着てもらいたいと思うのであ…

Ventile Field Smock

先日の「Ventile Angler Vest」と同じ素材を用いたプルオーバーの紹介です。 実は、この商品がHOUYHNHNMさんと T & Sを繋いでくれたのです。 編集部 長嶋さんの記事に感動しました。ありがとうございます! その時のページはこちらです。 www.houyhnhnm.jp G…

Ventile Angler Vest

先月より順次、全国で「Trout 解禁」となりましたね。 渓流での佇まいもハイテク素材が主流です。合繊は軽量なうえ、高機能を搭載しています。また、スタイリングにおいてもSportyにキマるので現代的な装いだといえます。 しかし私は、クラシックで伝統的な…

Hannibal Roof Rack

Car

フィールド撮影の時に、いつもこう思うのです。 「上からの画角で撮りたいぃ〜」常々そう思っていた私は、仕事の休憩時間には決まってルーフラックを探していたのであります。 私がルーフラックに求める機能は、 十分な耐荷重があること。積載1tonあれば心強…

はじめまして。

「HOUYHNHNM Blog」読者の皆さま、はじめまして。TAKE & SONS 山沢といいます。 4月は「新しい生活」がスタートする時期でもあります。このブログが4月にスタートしたことも偶然とはいえ、新参者の私には良いものです。HOUYHNHNMさんとの出会いに感謝ですね…