Work

渋谷銃砲火薬店さんにて。

現在オーダー受付中の「HUNT × TAKE & SONS / Shooting Vest」ですが、オーダー締切日の10/22まで、渋谷銃砲火薬店さんにてサンプルを展示させていただいております。 「Shooting Vest」なだけに、銃砲店にて。 置いてあるサンプルはサイズ3のカーキになり…

いざ、浜松へ。vol.4

綿織物は織り上がった状態のままでは、いわゆる「生地」とは呼べない風合いです。 バリバリなのです。 これは「糊」を使用する関係で、致し方ないことなのですが、これを普段、我々が目にする「生地」の状態にする必要があります。 それを行う場所を「整理工…

秋冬のお知らせ。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか? 湿度が上がってきましたね、、、世の「おじさま」は私も含め、苦手なシーズンなのではないでしょうか。 私は、ここのところ「2018SS 展示会」に向けて、バタバタしております。そして、まもなく始まる「2017秋冬 商品…

いざ、浜松へ。vol.3

前回は「綜絖通し(そうこうとおし)」で締めましたが、その前に書くべきことがありました。 それは、織機について。肝心なところを忘れておりました、、、 織機は、主に「旧式織機」と「革新織機」に分けられます。 T & Sでは、シャトル織機を中心に「旧式…

Field Boots / mock up !

前回の打ち合わせから3週間。ついに対面です! なお、モックアップにつき、画像はスケッチとさせていただきました。ご了承くださいませ。 それは「ハッ」と息を飲む瞬間でした。 力強さを備えたラギットな素材に、Japan madeの繊細な仕立てを施したそれには…

いざ、浜松へ。vol.2

手始めに「綿」の選定を行う必要があります。 我々は、世界の綿産地の中でもアメリカを選択しました。アメリカは東海岸のコットンです。このエリアの綿は品質の安定とコストのバランスが良い気がする、、、と言うより、私はアメリカ産が好きだ。相性が良い。…

「シューティングベストを作る」

この企画もいよいよ中盤に入りました。 先日発売された雑誌「HUNT vol.16」での模様。 「シューティング用とはいえ、これは欲張りなものになりそうです!」 詳しくは本誌をご覧くださいませ。 また、当ブログにおいても数回にわたって詳細をアップさせていた…

いざ、浜松へ。vol.1

雑誌「HUNT」の連載企画「シューティングベストを作る」が進行している今日この頃。 デザイン構想も終え、いよいよ生地の段階に入ったところであります。明日、5/31発売のHUNT vol.16では、その模様となるのですが、日々ライフワークのように生地を見ている…

「Field Boots」を!

この方、おそらくは日本で唯一。世界でも稀な存在かと思う。 『T Shirakashi』の主宰。 ブーツ専門のビスポーク職人の白樫さんと会ったのは、TAKE & SONS 2017AW展示会でのこと。 以来、何度かお会いするうちに自然と「T & Sでブーツを作ろう!」となった次…