Ventile Field Smock

先日の「Ventile Angler Vest」と同じ素材を用いたプルオーバーの紹介です。

 

実は、この商品がHOUYHNHNMさんと T & Sを繋いでくれたのです。

編集部 長嶋さんの記事に感動しました。
ありがとうございます!

その時のページはこちらです。

www.houyhnhnm.jp

f:id:hynm_yamazawa:20170411141414j:plain

f:id:hynm_yamazawa:20170411141415j:plain

Gore-Texに代表される「ハイテク」素材はいかにも現代のアウトドアの装いだ。
一方、コットンは機能においては大きく劣るかもしれない、、、いわゆる「ローテク」素材に位置する。しかしながら素材の持つ風合いや、シワ感は天然素材ならではの味わいがある。火の粉にも強い。

 

「いいじゃない!」スタイル重視で。

 

T & Sは様々なローテク素材を駆使し、スタイリングを「Neo Classic Beauty」に演出します。

それが我々が掲げる「Heavy Dutyと現代との接点」なのかもしれない。

f:id:hynm_yamazawa:20170411142254j:plain

【左上写真】

  • フードは、もはや必須の機能デザインと言えます。
    前端側の構造を2重にすることで、内側をスピンドルで絞り込める。このことにより、頭の形状にフードを添わせることが可能になります。雨風に対する機能デザインたる所以です。
  • フロントに採用する10ゲージファスナーは、別名「No.10ファスナー」と呼ばれ、古くからヘビージャケットのメインファスナーを務めてきた強者です。

【左下写真】

  • フロントには大きいパッチポケットが備わっています。これは大き過ぎるかもしれませんが、この「大きさ」がデザインバランス上、重要なのです。

【右上写真】

  • プルオーバーの問題点は、着にくいことが挙げられます。
    それを、脇下までのベンチレーションで解決しました。

【右下写真】

  • 通常、マガジンポケットやマップポケットと呼ばれる背部収納ですが、フロントと同様に存在感のあるポケットサイズになっています。

 

 

フィールドや街で、これからの季節にオススメです!

 

 

お取り扱い店

NORTHERN ISLAND

SHIPS 渋谷店・銀座店(実店舗のみでのお取り扱いになります)

PURVEYORS

 ¥42,000+tax 

 詳しくは『Ventile Field Smock』をご覧くださいませ。