Bayhead Cloth Guide Vest

これは「洋服」というとり「ギア」といった佇まいです。

今日はPack Vestのご紹介です。

 

ベースキャンプから散策に出る際は、必要にして十分な荷物量が必要になるものだ。

散策範囲がある程度狭い場合は、大きなアイテムを少しと、小さなアイテムを複数持つことになるだろう。

 

f:id:hynm_yamazawa:20170419231901j:plain

f:id:hynm_yamazawa:20170419231905j:plain

 

小さなアイテムはフロントポケットに小分け収納が可能となっています。

 

ローテクの「60/40クロス」からハイテクの「GORE-TEX」に移行する間の、1970年代初頭に「65/35クロス」別名「Bayhead Cloth」はTHE NORTH FACEによって開発されました。

「65/35クロス」はポリエステル65% 綿35%の設計。

雨に濡れるとコットンが膨張して防水性と防風性を高める機能はそのままに、ポリエステルの速乾性を付加した素材となります。さらに、ポリエステル特有の「軽量」さと「強度」を両立し、まさにアウトドアマンに相応しい素材となりました。

 

その「65/35クロス」にドライタイプのパラフィンを施し、独特の風合いにしたのが本作です。

f:id:hynm_yamazawa:20170419233410j:plain

【左上写真】

  • 大きな荷物は背中のパックに。ここはExtendable Topの採用で、約20ℓの容量があります。このDay Packほどの大きさは、T & Sでは洋服の範疇と言えます。

【左下写真】

  • フロントは「No.10ファスナー」を使用。
  • 両サイドのドットボタンは「ゲームポケット」の入り口で、前身頃全体がポケットになります。

【右上写真】

  • 先ほどの「約20ℓの容量」とは、背中のパックのみになります。ゲームポケットに加えて、アウターパッチポケットの収納が付加すると容量は凄いことになりますね。

【右下写真】

  • 内側にはショルダーストラップがあり、背中に当たる部分には保護パットが入っています。
  • 内ポケットも忘れてはなりません。

 

 

街着はもとより、渓流にも使えますよ!

そんな「Bayhead Cloth Guide Vest」フィールドにいかがでしょうか??

 

 

お取り扱い店

NORTHERN ISLAND

PURVEYORS

¥43,000+tax 

詳しくは『Bayhead Cloth Guide Vest 』をご覧くださいませ。