No.1 Jacket

秋冬第2弾は、このジャケットを。

 

普段ヘビージャケットを愛用する人も、男である以上はドレスアップしなければならない時もある。

そんな時「隣の女性をエスコート」するようなエレガントなシルエットで柔らかい生地のジャケットは、照れくさくて私は着れないのであります。

着込むほどに身体に合ってくるような、味わい深い生地には重みがなければならない。

そして仕立てにも拘る必要がある。

毛芯によって仕立てられたジャケットは、纏う雰囲気が違う。佇まいの次元が変わるのである。

そして、洗いざらしのオックスフォードのボタンダウンにバタフライノットを締める

私は、そんなジャケットがこの分野には必要だと考えています。

 

小林 泰彦さんは1977年に著書の中でこう仰っています。

ヘビーデューティーを服装の体系としてみたとき、驚くほどアイビー=トラディショナル体系に似ている。

つまりヘビーデューティーのトラディショナルな部分はアイビー=トラディショナル体系のアウトドア部門、あるいはカントリー部門と言える」と。

また、アイビー=トラディショナルの方にもヘビーデューティーのハートがあって、ヘビーデューティーの中のトラッドな部分を指してヘビーデューティー・トラッド『ヘビトラ』、あるいはヘビーデューティー・アイビー『ヘビアイ』と名付けておられます。(私はそう解釈しています)

 

 

f:id:hynm_yamazawa:20170708004047j:plain

アメリカントラッドの世界には1型 (No.1)と呼ばれるモデルがある。

からいラペルロールのフロント段返りから裾につながるラインは、あくまでも自然なカッタウェイを描く。

そしてナチュラルショルダーは薄く仕上げる。もちろんセンターベントだ。

エストダーツが無く直線的なシルエットを指してサック(麻袋)と人々が呼んだこのモデルはその歴史も古く、1918年に米国Brooks Brothersが発表した「No.1 Sack Suit」にまで遡ることになる。

その後、日本においても60年代に流行した伝説のブランド。VANのブレザーもやはり1型の範疇と言えます。

 

そんな歴史のある1型を私なりの解釈で、現代的なフォルムで組み立てました。

f:id:hynm_yamazawa:20170707233559j:plain

詳しくは「ORB No.1 Jacket」をご覧くださいませ。

f:id:hynm_yamazawa:20170707234018j:plain

詳しくは「10w No.1 Jacket」をご覧くださいませ。

 

 

いずれのジャケットも、毛芯による仕立てを施してあります。これはテーラーに見られる本格的な仕立て方と同様で、テーラード出身の私が拘りたいところでもあります。

これより先は、あまりにもマニアックな内容故に、詳しい説明は各商品名をクリックください。

 

先日の投稿「Crazy Jeans」とベストマッチしますよ!

 

 

お取り扱い店

SHIPS

PURVEYRS

NORTHERN ISLAND

CASKET

 

ORB No.1 Jacket ¥ 66,000+tax

10w No.1 Jacket ¥ 58,000+tax