いざ、浜松へ。vol.4

綿織物は織り上がった状態のままでは、いわゆる「生地」とは呼べない風合いです。

バリバリなのです。

f:id:hynm_yamazawa:20170617205452j:plain

これは「糊」を使用する関係で、致し方ないことなのですが、これを普段、我々が目にする「生地」の状態にする必要があります。

それを行う場所を「整理工場」といいます。最後の工程であり「加工」故に「企業秘密」が内在する極めて重要な部分になります。

f:id:hynm_yamazawa:20170617205157j:plain

今回、お願いしたのが「鈴木晒整理」さん。綿生地の仕上げはプロフェッショナルだ。

それ故、企業秘密も多く今回加えた手法も、ここでは多く語れないのが残念なところです。

f:id:hynm_yamazawa:20170617205245j:plain

着色方法、生地の風合い加工など、多くの特殊な手間を快諾していただき、本当にありがとうございました。この場を借りて、お礼を言わせていただきます。

f:id:hynm_yamazawa:20170617205329j:plain

こうして「Field Cloth」は完成しました。

「これぞ、Japan Quality」と言える生地です。

 

一見がフラットな生地ですので、写真では分かりづらいのですが、素晴らしい質感と佇まいに胸が躍ります。

 

T & Sの定番ファブリックに、新たに「Field Cloth」が加わりました。

「いざ、浜松へ。」はこれで完了。

いよいよサンプル製作です!